施工事例ブログ

メルセデスベンツ S212 Eクラスワゴン 始動不良(+_+)

どーも、平成最後の営業が間もなく終了となりそうなMBworksです!

とは、言いましてもいつもと特に変わりはございません(笑)

という事で、早速作業BLOGです!!(#^^#)

今回はいつもお世話になっておりますY様の212 Eワゴンの修理です!

症状は、

・ドアロックの開閉はできるがエンジンがかからない

との内容でした(+_+)

状況としては、

・プッシュスタートボタンを押しても反応なし
・スタートボタンを外してキーを挿しても回るがメーターなどはなにも立ち上がらずエンジン始動しない
・スペアキーでも全く同じ症状

でした。

早速、メルセデス専用テスターにてキーの点検実施です。

このような症状の場合は鍵の受け手であるEZSかステアリングロックユニットのELVの故障の場合がW212やW204では非常に多いです(@_@)

今回はELVの故障によりエンジンがかかりませんでした。

早速、ELVユニットを脱着の上、点検です!

まずは、運転席アンダーカバーやハンドル・コラムカバーの脱着!

そして、ステアリングシャフトを脱着しグルっと回転させて・・・ゴニョゴニョすると

はい!ELVユニットがとれます(笑)

通常、ディーラーですと、このユニットごとの交換となりますが、非常に高額な部品な為当社は修理費用を抑えるために更にばらします!!(笑)

ユニットごと替えてしまって、はい完了ー!でしたら、ただの部品交換屋さんですからね(笑)

修理屋さんは更にいきますよー!(笑)

ここからがメルセデスを専門で扱っておりますMBworksの本領発揮!!٩( ”ω” )و

通常でしたら分解できる構造にはなっていないのですが、エンジニアY君が作成してくれたMBworksのスペシャルオリジナル工具であれやこれやすると・・・

はい!バラバラです(笑)

今回はロックを解除する為のモーター不良でしたので、モーターのみを交換させていただきました(^^♪

交換後はバッチリエンジンもかかり、修理代もELVユニット本体の交換よりも半額以下に抑えられてオーナー様にも満足頂けたかと思います(#^^#)

このように通常ディーラーさんではユニットごとの交換しか出来ないような内容でもMBworksでは出来る限り費用を抑えた修理をするよう心掛けております(*’▽’)

ただ、ユニットごと交換した方が安心して使える部品もございますので、その場合は経験豊富7な当社スタッフよりお客様にご説明させていただきますので、是非お任せくださいませ!

最近はカスタム系のBLOGを頻繁にあげておりましたが、基本的にはカスタムよりも車検やオイル交換・修理のご入庫の方が多いです(´▽`)

もちろんカスタムも大好きですのでメルセデスでお困りの事や気になる事がございましたらお気軽にご相談くださいませ(#^^#)

それでは明日からゴールデンウィークで休みとなりますが5/7から通常営業となりますのでよろしくお願いいたします!